« 小休止 | トップページ | 一ヶ月後 »

勉強会

今日は仙南ブロック腎友会主催の勉強会がありました。
講師の先生は腎センターのS先生で私達と同じ透析患者でもあります。演題は「長期透析を生きるために大事なこと」

透析のしくみから腎臓の働きなどもわかりやすい説明でした。
透析は腎臓の働きを補う治療であり、平均的な透析「週3回、4時間」では最低限の透析と理解して十分な透析が一番大事だという事です。平均余命は一般人口の余命の約45%位の数字でした。これはちょっとショックな数字でした。やはり透析をしているとそれだけリスクがあるという事なのでしょう。
だからこそよりよい透析を受ける事が重要だという事になります。一番良いのは毎日透析をすることですが一般施設では無理な話で在宅血液透析をするしかないです。週3回だと時間を長くすること、血流を上げることになるわけです。
現在の私の透析条件は平均的な透析よりはずっと良い透析をしています。時間は5時間だし、オンラインHDFをやっているし、それでも人間って欲深いですね。連日短時間透析にとても魅力を感じるし、週4回透析をしてもらえるともっと良いような気もするし。でも両方ともハードルは高い。我県で在宅血液透析を指導してくれる施設は聞いた事もないし、週4回の透析も無理そう。せいぜい血流をもう少し上げるくらいですね。
先生の話では血流250位を平均として考えた方がよいという話です。
私は現在260で回してるのでほぼ平均値ということになります。そのうち300位まで上げていこうかな。

時間がなくなって質問の時間があまりなくなってしまいましたが今日の話を聞いて明日から血流を上げる人が増えるかもしれません。

|

« 小休止 | トップページ | 一ヶ月後 »

「透析、医療」カテゴリの記事

コメント

私もここのところの話題で平均余命についてはショックでした。
透析暦がうんと長い人は若いころからやってる・ということなのね~
でもあくまで平均ですから!

S先生のお話で患者が動き出すといいね、ていうか
医療者が聞くべきだよ。

投稿: コスモス | 2007年3月27日 (火) 05時56分

>コスモスさん
平均余命はちょっとショックだよね。
平均だから、あまり深刻に考えこまない方がいいよね。
患者もそうだけど医療者にもっと考えてもらいたいです。

投稿: テトラ | 2007年3月28日 (水) 16時49分

こういう勉強会 病院のスタッフにきいてもらいたいね
特にうちのクリニック!!

投稿: katochan | 2007年3月28日 (水) 21時21分

そうそう、katochanの所のスタッフが聞いたらどう感じるんだろうか?

投稿: テトラ | 2007年3月28日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113931/5811776

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会:

« 小休止 | トップページ | 一ヶ月後 »